低価格製品の音質が、グングンよくなってきました!
良質な材料が安価になったことや、設計時に使うシミュレーション・ソフトウェアの性能向上により、
実売価格3〜20万円(ペア)クラスのスピーカーは、
一昔前に比べて、びっくりするくらい音が良くなりました。

今なら!予算よりも安く、より小さくて安いスピーカーで
満足できるかもしれません!?

スマートフォンの普及で、音声処理ICの高性能化が進み、
その恩恵を受けたデジタルオーディオ製品(CD、DAC、AV AMPなど)は、
ここ数年で音質が大きく向上しています。

なかでも10万円以内の製品は、すごく音が良くなっています!
電気自動車の電流制御(増幅や切り替え)技術の進歩は、
大電流を制御するパワーアンプの音質を向上させました。
低価格のデジタルアンプは、一昔前の数倍価格のアンプに迫ります!
加速する技術革新により、オーディオ機器の性能は確実に向上を続け、
私たちの想像を超えるような製品が生み出されてきました。

それでは逸品館が自信を持っておすすめできる
「安くて旨い」製品をご紹介しましょう。


ボトルネックを解決すると、「信じられないほど良い音」が出せる

下図は基本的なオーディオシステム構成です。一番左側(上流)に位置するのが「音源」ですが、音源はしっかり選ばないとアンプやスピーカーの能力が十分に発揮できなくなります。アンプとスピーカーは、「別々の装置」だと思われていますが、接続した時には「一つの装置」として働きますから、「組み合わせの相性」が悪いと、それぞれの能力が十分に発揮できません。
接続ケーブルも大切です。普通のケーブルに「良いケーブル」を継ぎ足すと、抵抗が増えて情報が欠落するように思えますが、実際には音が良くなります。学校で習った「電気(オーム)の法則」は、オーディオには当てはまりません。
オーディオには様々な考え方がありますが、「グレードアップ」には「ボトルネックの解消」が近道です。


オーディオの主役は、昔も今も「スピーカー」

音質を最も大きく左右し、見た目の存在感も大きい「スピーカー」は、オーディオの主役です。だからこそ慎重に選びましょう。 逸品館は、お客様に正確なアドバイスを差し上げるため販売する製品を「家庭環境に近い状態」で試聴しますが、一番難しいのがスピーカーの評価です。演奏する音楽のジャンルにも影響を受けますし、試聴時の音量も重要なポイントです。けれど、一番大きく影響するのが、「スピーカーセッティング」と「ルームアコースティック」です。スピーカーを最高の状態でお使いいただくために、この二つを最適化する方法を逸品館はホームページに詳しく掲載しています。「スピーカーをベストに鳴らすノウハウ」がある逸品館だから、スピーカーの音質を正しく評価して間違いのない「おすすめモデル」が選べます。 「主役交代」の重要な場面では、逸品館の情報がお役に立てると思います。

安くてうまい!逸品館BestChoice 価格帯別おすすめ商品のご紹介
ブックシェルフ型スピーカー


トールボーイ型スピーカー


プリメインアンプ


CDプレーヤー


AVアンプ


USB/DAC・ネットワークプレーヤー


システムコンボ・レシーバー


逸品館代表 清原裕介がセレクト! ハイエンドコンポーネント


注目メーカー

Kripton(クリプトン)ミニバナー

pioneer(パイオニア)ミニバナー

B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー

magico(マジコ)ミニバナー

luxman(ラックスマン)ミニバナー

esoteric(エソテリック)ミニバナー

TANNOY(タンノイ)ミニバナー

denon(デノン)ミニバナー

stax(スタックス)ミニバナー

sennheiser(ゼンハイザー)ミニバナー

tiglon(ティグロン)ミニバナー

audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー

wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

dali(ダリ)ミニバナー

ページトップへ