低価格製品の音質が、グングンよくなってきました!
ペア2〜20万円クラスのスピーカーは、良質な材料が安価になったことや、
設計時に使うシミュレーション・ソフトウェアの性能向上により、
一昔前に比べて、びっくりするくらい音が良くなりました。

新規購入では予算よりも安く、買い替えでは今より小さくて安いスピーカーで満足できる!?
スマートフォンの普及で、音声処理ICの高性能化が進んでいます。
同じ技術で作られるデジタルオーディオ製品(CD、DAC、AV AMPなど)は、その恩恵を受け、
ここ数年で音質が大きく向上しています。特に10万円以内の製品は狙い目です!

電気自動車の電流制御(増幅や切り替え)技術の進歩は、
同じように電流を制御する働きを持つ、プリメインアンプの音質を向上させました。
低価格のデジタルアンプは、数倍価格のアナログアンプの音質に迫ります!
加速する技術革新により、オーディオ機器の性能は確実に向上を続け、
私たちの想像を超えるような製品が生み出されてきました。

それでは逸品館が自信を持っておすすめできる
「安くて旨い」製品をご紹介しましょう。


すべての音源から驚くほどの感動を引き出す逸品

ピュアオーディオに興味はあるけど、躊躇したり、あきらめていませんか? 例えばハイエンドなイヤホンやヘッドホンをスマートフォンに繋げて、 簡単にお気に入りの音楽を楽しむことができる時代ですが、 ハイエンドのイヤホンやヘッドホンとなると、10万円以上かかる場合もあります。 でも、実は10万円もあればピュアオーディオを十分にはじめることができます。
まずは「プレーヤー」「アンプ」「スピーカー」の3つの機器を基本に、 音源やリスニングスタイルを考慮して、 逸品館こだわりの厳選されたコストパフォーマンスのよい逸品をご提案していきます。 あなたの集めたお気に入りの音源から「驚くほどの感動を引き出す」それが逸品館の目指すオーディオです。


一番楽器に近いオーディオ機器がスピーカーです

上の図はごく基本的なオーディオシステムの構成イメージです。 一番左側(上流)に位置する「音源」によって再生するプレーヤーが違ったり、 アンプを組み合わせたりと、他にも多種多様なシステムがありますが、 最終的にアンプから送られてきた音源の電気信号を、 空気中を伝わる音波に変換し音楽として出力するのは、 一番右側(下流)のスピーカーです。オーディオシステムの中でも1、2を争う重要なポジションで、 見た目もサイズも様々なタイプのものがあり、どのスピーカーを選べばいいのか? きっと迷う事だと思います。しかし、その答えに至る道筋を逸品館は知っています。 イヤホンやヘッドホンでは決して味わえない感動をスマートフォンや PCの音源から手軽に引き出すのはどのスピーカーなのか?今回は、逸品館が 特別に選び出したおすすめスピーカーを価格別にご紹介します。







注目メーカー

Kripton(クリプトン)ミニバナー

pioneer(パイオニア)ミニバナー

B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー

magico(マジコ)ミニバナー

luxman(ラックスマン)ミニバナー

esoteric(エソテリック)ミニバナー

TANNOY(タンノイ)ミニバナー

denon(デノン)ミニバナー

stax(スタックス)ミニバナー

sennheiser(ゼンハイザー)ミニバナー

tiglon(ティグロン)ミニバナー

audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー

wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

dali(ダリ)ミニバナー

ページトップへ