コンテンツミニバナー

アイコン早見表ミニバナー

FAQミニバナー

ブログリンクミニバナー

逸品館掲示板ミニバナー

テストレポートページミニバナー

airbow2年保証

2016BestSelection

サイト一覧ページミニバナー

トップ > アンプ > パワーアンプ > CLASSE - CA-M300(モノラルパワーアンプ・ペア)《JP》【在庫限り特価品】【在庫有り即納】

拡大画像

CLASSE - CA-M300(モノラルパワーアンプ・ペア)《JP》【在庫限り特価品】【在庫有り即納】




商品コード : T-MAZ-M300
製造元 : CLASSE
メーカー希望小売価格(税抜) : 1,900,000
価格 : 円(税込)
数量
 

価格:の欄に、金額ではなく価格:\お返事いたしますが表示されている場合は、価格が安すぎて!? 表示できない商品です。
カートからご注文いただければ、お見積りとして販売価格をご連絡差し上げます。
大型品の配達・セッティングのご相談は右下にあります「商品についてのお問合わせ」ボタンから、お気軽にお問い合わせください。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

eトップリンクボタン 下取りリンクボタン

  •  
商品テストレポート

こちらの商品は開封されていますが、中身は未使用新品です。

音楽性とコストパフォーマンスを兼ね備えるパワーアンプ"CLASSE - CA-M300"

パワーアンプの作動温度とパフォーマンスの間には密接な相関関係があります。
多くのオーディオ愛好家は、アンプの性能が最高になるのはアンプが「温まっているとき」だと言いますが、十分温まっているとはどのような状態で、どこからが「温かすぎる」状態なのでしょうか。
CLASSEのパワーアンプはこの問題に対し、「パワーアンプの動作温度を精密に管理する」という答えを出しました。
従来のパワーアンプは露出式のヒートシンクを備え受動的(自然空冷)により、作動温度を決めていました。しかし、この方法では気温だけではなく、リスニングセッション中の出力量によりアンプの作動温度が変化するため、理想的な動作温度を維持することができません。オーディオマニアが考える「温まった理想的な状態」とこれまでのパワーアンプは、かけ離れていたのです。
CLASSEの新しいデルタ・シリーズアンプでの放熱処理はICTunnelで行われます。これはセンサーとマイクロプロセッサーにより温度を精密に制御する技術で、高出力のレーザー機器や医療機器のヒートシンクよりヒントを得たものです。
ユニット内に取り付けられたICTunnelにより、CLASSEパワーアンプの温度は能動的に制御され、常に最高のパフォーマンスと信頼性を実現する温度に保たれます。
この温度管理機能と放熱ファンを備えるため、CA-M300の放熱フィンは通常よりも小さく、常温ではアンプのウォーミングアップはすぐに完了し、適正温度に達するまでの時間は15分もかかりません。
出力が大きい場合は、ファンが作動して適正温度が維持されます。これらはすべて、従来のヒートシンクではできなかったことです。

私の知るCLASSE製品は、上等なパーツを使っていても肝心の「音楽性」に乏しくいかにも「機械屋が作ったアンプ」という音でした。
海外オーディオ製品の多くが大幅に値上がりする中で、今もCLASSEがパーツメーカーの利点(パーツの入手が安い)を生かして「コストパフォーマンスに優れた製品」を提供するところは変わりません。しかし、B&Wの傘下(子会社)になったことで唯一欠けていたその「音楽性」を高いレベルで表現できるようになりました。
安定した性能、価格を超える高音質、癖の少ない自然な音、B&W製品との相性の良さなどを持つCA-M300は、ほとんど欠点の見当たらない優れたパワーアンプです。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。

注目メーカー

Kripton(クリプトン)ミニバナー

pioneer(パイオニア)ミニバナー

B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー

magico(マジコ)ミニバナー

luxman(ラックスマン)ミニバナー

esoteric(エソテリック)ミニバナー

TANNOY(タンノイ)ミニバナー

denon(デノン)ミニバナー

stax(スタックス)ミニバナー

sennheiser(ゼンハイザー)ミニバナー

tiglon(ティグロン)ミニバナー

audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー

wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

unisonresearch(ユニゾンリサーチ)ミニバナー

ページトップへ