《 商品のお届けに関する重要なお知らせ 》

トップ > TAD(ティーエーディー)

「TAD」という名称は“Technical Audio Devices”の頭文字から命名されました。 これは、1975年にパイオニアにおいて最高級スピーカー開発プロジェクトの発足時、技術顧問として参画し、 当時USAプロオーディオ界の第1人者であった故バート・ロカンシーの 「基本に忠実な技術こそ本物の技術であり、技術志向に傾くことなく、常に音質を最重視する技術こそ本物の技術である」 という理念に基づくものです。 だからこそ「E1」を始めとする「TAD」のスピーカーは、「TAD」のフルシステムで聞いて欲しいと思うのです。
もしかすると新製品発表会と逸品館3号館で開催した試聴会以外で「TAD」の「本当の音」を聞けた方は、いらっしゃらないのではないのではないでしょうか。 本当に「熱い魂」を持って「TAD」の製品が造られていることは、製品を通じてもしっかりと伝わります。日本人が世界に誇るこだわりの技術と情熱が融合し昇華したとき、とてつもない芸術品が生まれます。その一つが「TAD」です。

全43件

■注目メーカー

  • audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー
  • B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー
  • C.E.C(シー・イー・シー)ミニバナー
  • dali(ダリ)ミニバナー
  • denon(デノン)ミニバナー
  • esoteric(エソテリック)ミニバナー
  • Kripton(クリプトン)ミニバナー
  • luxman(ラックスマン)ミニバナー
  • magico(マジコ)ミニバナー
  • MANLEY(マンレイ)ミニバナー
  • stax(スタックス)ミニバナー
  • TANNOY(タンノイ)ミニバナー
  • tiglon(ティグロン)ミニバナー
  • wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

ページトップへ