オーディオ逸品館.JP ESOTERIC - ESSW-90268(SACDソフト アルバン・ベルク四重奏団 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番《ラズモフスキー第3番》、第11番《セリオーソ》 ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》)《JP》【12月10日発売予定・ご予約受付中】


トップ > レコード・CDソフト・書籍 > SACD > ESOTERIC - ESSW-90268(SACDソフト アルバン・ベルク四重奏団 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番《ラズモフスキー第3番》、第11番《セリオーソ》 ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》)《JP》【12月10日発売予定・ご予約受付中】

ESOTERIC - ESSW-90268(SACDソフト アルバン・ベルク四重奏団 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番《ラズモフスキー第3番》、第11番《セリオーソ》 ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》)《JP》【12月10日発売予定・ご予約受付中】

商品コード : ESSW-90268
製造元 : ESOTERIC
メーカー希望小売価格(税抜) : 3,637
価格 : 0円(税込)
数量
 

配送料は、仮の金額です。梱包や利用便などにより変更となる場合がございますのでご了承ください。


価格:の欄に、金額ではなく価格:\お返事いたしますが表示されている場合は、お問い合わせいただければ、最新の現金特価をお知らせいたします。
カートからご注文いただければ、お見積りとして送料などを含めた販売価格をご連絡差し上げます。

かごに入れる
  •  
《 ESOTERIC SACD 初回入荷分のご予約に関するご注意 》
・生産数限定商品の為、同じ商品を複数(複数回)ご注文いただいた場合でも、入荷数やご注文状況などにより
 ご購入数をお一人様1枚に制限(変更)させて頂く場合がございます。
・発売日の異なる予約商品を同時にご注文の場合は、「発売日が一番遅い商品」に合わせての出荷となります。
・個別の出荷をご希望の場合は【発売日ごと】に個別でのご注文お願いします。注文後の変更は承れませんのでご了承ください。
※送料はご注文ごとに必要となります。

生き生きとした躍動感。室内楽演奏の最上かつ理想的な姿が具現化。

エソテリックによる名盤復刻シリーズ SACDハイブリッドソフト

マスターサウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CDハイブリッド化による圧倒的な音質向上で継続して高い評価をいただいているESOTERICによる名盤復刻シリーズ。発売以来LP時代を通じて決定的名盤と評価され、CD時代になった現代にいたるまで、カタログから消えたことのない名盤を貴重なマスターから進化したテクノロジーと感性とによってDSDマスタリングし、新たなSuper Audio CDハイブリッド化を実現してきました。今回はドイツ・グラモフォン、旧フィリップス、旧EMIの名盤から、アナログ時代およびデジタル初期を代表する名演・名録音4タイトルをSuper Audio CDハイブリッドで発売いたします。

ウィーンの伝統と現代音楽への視座が共存

アルバン・ベルク四重奏団(ABQ)は、20世紀後半から21世紀初頭の弦楽四重奏の潮流をリードした弦楽四重奏団です。1970年、ウィーン国立音楽大学の教授でありウィーン・フィルのコンサートマスターも務めたことのあるギュンター・ピヒラーが同僚と結成し、ウィーンの音楽の伝統を尊重し、同時に現代音楽へのコミットメントを示す意味もあって、アルバン・ベルクの未亡人ヘレーネから許諾を得て作曲者の名前を冠しました。1971年にウィーンのコンツェルトハウスでデビュー。結成後、シンシナティで当時新ウィーン楽派を得意としていたラサール弦楽四重奏団に師事するなど、ウィーンの伝統に安住せず、同時代音楽への視座を忘れないのがABQのモットーでした。

室内楽演奏の最上かつ理想的な姿

ABQは1974年にドイツのテレフンケンに録音を開始、自分たちの名前でもあるベルクの作品をデビュー盤として、その後もヴェーベルンやウィーンと所縁の深いスタンダード・レパートリーを録音し、早くも現代性と古典性を兼ね備えた四重奏団であることを証明しました。1978年にEMIに移籍していよいよ録音を本格化させ、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を皮切りに、弦楽四重奏のスタンダードとなる名盤を次々と発表していきます。また1978年と1981年に第2ヴァイオリンとヴィオラのメンバー交代があり、1981年以降のピヒラー/シュルツ/カクシュカ/エルバンという体制がいわゆる黄金時代のABQで、2005年にヴィオラのカクシュカが亡くなるまで約15年にわたって全盛期を維持することになります。精密な合奏能力、明確なメリハリ、音楽を絶えず前進させる力強い推進力、豊かな即興性、そして何よりも生き生きとした躍動感がABQの持ち味であり、まさに室内楽演奏の最上かつ理想的な姿が具現化されていたのです。

1回のライヴに賭けた鬼気迫るような気迫

ABQのEMI録音は当初スイスのゼオンにある、響きの素晴らしい福音教会でのセッションで行なわれ大きな成果を挙げていましたが、1987年を境に徐々にライヴ録音に移行するようになります。「音楽というものはマイクに向かってするものではなく、聴衆にメッセージを伝えるためにするものなのだ」という演奏家としてはある意味自然な姿勢が、一発勝負のライヴでの録音制作へと舵を切らせたのでした。これはABQのメンバーが、自分たちの彫琢した結果に大きな自信を抱いていたゆえのことであり、ライヴであるにもかかわらず、不安を感じさせるところなどは皆無で、彼らの持ち味である緻密かつ柔軟な表現力に加えて、1回のライヴに賭けた鬼気迫るような気迫が、感じられます。

ウィーンの伝統と20世紀的な機能性の高い合奏法とを融合

当アルバムに収録された3曲は、1988/89年シーズンと1989/90年シーズンにABQの本拠地の一つだったウィーンのコンツェルトハウス・モーツァルトザールで行なわれた演奏会のライヴ録音。ベートーヴェンは1989年6月、5回の演奏会で開催された弦楽四重奏曲全曲演奏会からで、《ラズモフスキー第3番》は第5夜(最終日)の最後の演目、《セリオーソ》は第4夜の2曲目でした。この時はEMIがABQにとって1978〜83年録音以来2度目となる全集録音を行ない、それと並行してORF(オーストリア放送協会)が映像を収録しています。ドヴォルザークはABQにとって待望の初録音となったもの。ABQとベートーヴェンの親和性は彼らの中心的なレパートリーにしていたことから明白ですが、ウィーンの伝統と20世紀的な機能性の高い合奏法とを融合させたABQならではの解釈が明確に実現しています。一方のドヴォルザークは、広い意味でのハプスルブルク帝国の文化圏内にあるボヘミア由来の音楽であり、その音楽語法もいわば自家薬籠中のもの。発売当初から絶賛を受けた名盤です。

演奏の緊張感や個々の奏者の演奏の細かなニュアンスをとらえた録音

ライヴ録音が行われたウィーンのコンツェルトハウスは1913年に竣工し、オープニングに際してはリヒャルト・シュトラウスが「祝典前奏曲」を初演し、今ではムジークフェラインと並ぶウィーンの代表的なコンサートホールとなっています。モーツァルトザールは704席の中ホールで、小編成のアンサンブルや室内楽のコンサート、歌曲のリサイタルなどが行われます。ABQのライヴ録音は、天井から吊るされた4本のマイクロフォンをメインにして収録されました。演奏前後の拍手や曲間のオーディエンスノイズもほぼそのまま残されており、ライヴならではの臨場感を残した音作りがなされています。録音で聴く限り、適度な艶と響きは乗りつつも各楽器のサウンドがきちんとプロジェクトされるホールのようで、会場を埋めた聴き巧者なオーディエンスの前で繰り広げられる演奏の緊張感や個々の奏者の演奏の細かなニュアンスまでもがきっちりと捉えれています。4つの弦楽器のバランスや左右のステレオ空間の中でも配置も理想的。デジタル録音として発売されたため、本格的なリマスターは今回が初めてとなります。今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業をおこないました。特にDSDマスタリングにあたっては、新たに構築した「Esoteric Mastering」を使用。入念に調整されたESOTERICの最高級機材Master Sound Discrete DACとMaster Sound Discrete Clockを投入。またMEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を伸びやかなサウンドでディスク化することができました。

『ABQのライヴの凄さを彷彿とさせる奇跡的名演』
- ベートーヴェン
「ベートーヴェンの全曲をライヴで録音するというのは、きわめて至難の業だが、それをほとんど非の打ちどころのない完成度の高さでやり遂げた録音。ライヴから生まれる凄まじい気迫、しかし一時たりとも硬さを感じさせない柔軟性や流動感、即興性と溢れるような生命感など彼らのライヴの凄さを彷彿とさせる奇跡的名演だ。」
『レコード芸術別冊・現代の巨匠たち』1994年
「柔軟さを増し、ライヴ特有の高揚感を伴った2回目の全集にはスタジオ録音にはない魅力がある。解釈そのものも変化し、より人間的な暖かみが加わってきたことも見逃せないだろう。時折見せる人懐っこい表情からは、彼らの音楽がウィーンという土壌の上に育ったことを強く印象付ける。」
『クラシック名盤大全・室内楽曲』1999年 - ドヴォルザーク
「第1楽章冒頭、第1主題を提示するヴィオラをはじめ、全員の心からの共感が感じられる歌心としなやかな表情、精妙なアンサンブルなど、結成以来弦楽四重奏の新しい可能性を追求してきたアルバン・ベルクならではの新鮮な魅力あふれる演奏である。」
『クラシック名盤大全・室内楽曲』1999年
「第1ヴァイオリンのピヒラーの歌いぶりには、例によって蠱惑的と形容したくなる得も言われぬ美しい音色を駆使した、ある意味でチェコの団体以上にノスタルジックな味わいが色濃く漂っている。アンサンブルもいつもおように高度の緻密さを保ちつつ、より即興的で自在感に溢れており、このあまりに人口に膾炙されすぎた作品から、驚くような表情を引き出している。」
『クラシック不滅の名盤1000』2007年
[収録曲]

◇ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) - Ludwig van Beethoven

弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 作品59の3 《ラズモフスキー第3番》 - String Quartet No. 9 in C major, Op. 59 No. 3 "Rasumowsky"
[1] 第1楽章:Introduzione. Andante con moto - Allegro vivace
[2] 第2楽章:Andante con moto quasi Allegretto
[3] 第3楽章:Menuetto grazioso
[4] 第4楽章:Allegro molto
弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 作品95 《セリオーソ》 - String Quartet No. 11 in F minor, Op. 95 "Serioso"
[5] 第1楽章:Allegro con brio
[6] 第2楽章:Allegretto ma non troppo
[7] 第3楽章:Allegro assai vivace, ma serioso
[8] 第4楽章:Larghetto espressivo - Allegretto agitato - Allegro

◇アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904) - Antonín Dvořák

弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96 《アメリカ》 - String Quartet No. 12 in F major, Op. 96 "American"
[9] 第1楽章:Allegro ma non troppo
[10] 第2楽章:Lento
[11] 第3楽章:Molto vivace
[12] 第4楽章:Finale. vivace ma non troppo
■詳細

アルバン・ベルク四重奏団
ギュンター・ピヒラー(第1ヴァイオリン)
ゲルハルト・シュルツ(第2ヴァイオリン)
トーマス・カクシュカ(ヴィオラ)
ヴァレンティン・エルベン(チェロ)

録音 [ラズモフスキー第3番]1989年6月17日
[セリオーソ]1989年6月15日
[アメリカ]1989年10月20日〜23日
ウィーン、コンツェルトハウス、モーツァルトザールでのライヴ・レコーディング
初出 [ベートーヴェン]CDS 7 54592 2(1993年)
[ドヴォルザーク]CDC 7 54215 2(1991年)
日本盤初出 [ベートーヴェン]TOCE8184〜7(1993年2月24日)
[ドヴォルザーク]TOCE7472(1991年11月6日)
レコーディング・プロデューサー ヨハン・ニコラウス・マッテス
バランス・エンジニア ヒルマー・ケルプ、ヨハン・ニコラウス・マッテス

※製品の仕様、外観などは予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

商品の画像について

商品画像は、代表画像をイメージとして掲載している場合がございます。必ずしも商品名の画像と一致しているわけではございません。また、商品の仕様・パッケージ等につきましては予告なく変更される場合もございます。あらかじめご了承をお願いいたします。

在庫状況に関する注意事項について

オーディオ逸品館に掲載しています商品は他の逸品館販売サイト、実店舗と在庫を共有し同時販売しています。ご注文のタイミングによっては「在庫有り」表記の場合であっても欠品が発生する場合もございます。
万が一当社在庫およびメーカー在庫共に在庫切れの場合、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、その際はご連絡の上、ご注文をキャンセルさせていただく場合もございます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。


この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。

注目メーカー

audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー

B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー

C.E.C(シー・イー・シー)ミニバナー

dali(ダリ)ミニバナー

denon(デノン)ミニバナー

esoteric(エソテリック)ミニバナー

Kripton(クリプトン)ミニバナー

luxman(ラックスマン)ミニバナー

magico(マジコ)ミニバナー

MANLEY(マンレイ)ミニバナー

stax(スタックス)ミニバナー

TANNOY(タンノイ)ミニバナー

tiglon(ティグロン)ミニバナー

wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

ページトップへ